九州☆kyushuの仏なアルバイト

日本!ニッポン!仏と和のサッカーでフランスワールドカップを思い出す筆者の徒然日記

TGIFRIDAYS・イクスピアリ店で働いていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A1:TGIFRIDAYS・イクスピアリ店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2013年11月~2016年10月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:最終的に1100円くらいだったと思う

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:固定シフト制だったので、固定を変える以外は上司がごねては来るものの、ちゃんとシフト協力とか普段的にしていて、用事がある日まで余裕があれば比較的融通つけてくれた。掛け持ちをしていていて、その点は上司にきちんと伝えていたため考慮はしてくれました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:私はホールとキッチン両方に所属してました。
ホールはエリア担当制でお客様をテーブルごとにケアしていったり、配膳、レジ、ご案内。キッチンは全メニューにおいて、揚げる、焼く、サラダを仕込む、サラダを作る、仕込みの他にも外国人キッチンスタッフの育成など。キッチンでは国際衛生監査機関の訪問に備えて管理を徹底するシフトリーダーとして働いていました。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:ロケーション的にディズニーが近いので、忙しさは本当にすごかった事があります。きつい事といえば、自分のエリアが混んでいてあまり回っていないところに、次のお客さまをどんどん入れられてしまう事などです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係は今までの中では比較的良かったと思います。
モラルもきちんと守られているので、いじめのようなことは起きませんでした。悪口陰口くらいはありましたが、どこにでもある噂話程度の許容範囲だと思います。

仲が悪いスタッフももちろんいましたが、その仲が悪いスタッフ同士をちゃんと上司が間に入ってフォローしてくれる良い環境でした。仲が極端に悪いスタッフ同士があまりシフトを被らないようにしたりと上司の方がちゃんと配慮してくれていました。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:将来に役立ったことは、チームワークの大切さ、協力することでどのような効果が得られるか、などがとても勉強になりました。それ以外でも定期的なミーティングでのコミュニケーションでチームワーク力向上、情報共有や知識共有が多かったので、知識や商品への意識などが高くなりました。
又、キッチンで働いているときは調理師免許などの話も上司がちゃんと聞いてくれて、スキルアップが望めました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:給料以外で得したことといえば、従業員は勤務時は半額でメニューが食べられること、数か月に一度、早朝オープン前に集まってスタッフミーティングがあり、上司やキッチンのスタッフが朝ご飯作ってくれたりするイベントがありました。レクリエーションやメニュー知識などをベースにしたクイズなどです。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:かなり楽しく働けました。自分が何個売ったかなどのセールスレースがあり、お食事券などがプレゼントされたりとても楽しく、お店に対しての愛着はもちろん、上司への尊敬も含めて毎日が楽しく、常連様の絆もたくさん感じたので楽しく働けました。



Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接での内容はホール希望かキッチン希望かをまず聞かれ、どのくらい入れるのか、現在どのシフトが開いていて入れるかどうかを聞かれました。面接も面接前の待ち時間もスタッフが話しかけてくれたりして気持ちよく過ごせました。 志望動機は、アメリカンレストランなので自分がアメリカ好きで、面接直前に仕事をしていたアメリカから帰国して日本で仕事を探してると説明をしました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:スタンダードな基準がアメリカと日本の店舗共通であって、ピアスやサロンなど髪型も含めてとても厳しかったです。
最初の座学で一番最初に身なり服装などの説明を長時間するくらい力が入っているという印象でした。

働いている途中に身なりのスタンダードが改定され少しは緩くなりましたが、元々いた人などがトレーナーを務めた新人さんは最初のスタンダードを守っているようでした。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:1か月先などのやすみは何とかとれることもありますが、「一応シフト表もらってください」などの紙を休憩所に貼って募集をしたりしていました。

固定シフト制だったので正直代わりを探しづらい部分はあり、人が足ず最終的に人が見つからなかった場合は、意地でも出なくてはならないという空気がありました。そうなると当たり前のことではありますが、休めません。

学生さんなどは代わりの人が見つからなくても、ごめんなさいの一言で休んでしまう事もありましたが、その時の他のスタッフの反応を見てると、自分の場合は代わりの人が見つからなかった時はどんなことがあっても出ようと思いました。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:職場恋愛は多かったと思います。実際にカップルも多く誕生していました。自分も最初にキッチンで教えてくれたトレーナーさんと両想いになり、当時長年付き合っていた人と別れてその方とお付き合いさせていただくことになり、辞めてからも付き合い、今度結婚することになっています。
  
Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:楽という事はあまりありませんでした。テーブル担当制だったので、きちんとお客様を見ていないとすぐ名指しのクレームになってしまうので楽ではありませんでした。そのテーブル担当制であることから自分の担当エリアがひまな時はありました。
又、季節的にディズニーがすいてる時期は私たちもとても暇で、人件費カットとしてお休みや早上がりがありました。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:働いてよかったことは知識が豊富になったのと、接客能力が上がった事です。実際にディズニーが近いのでディズニー帰りのお客様が多く、そういった方たちからはディズニーと同じようなサービスレベルを求められます。

私たちはイクスピアリに入っていても、ディズニーの社員というわけではないのですが、お客様からすればディズニーで店員だと思われるということだと思います。勉強になりモチベーションも上がりました。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:頑張れたのは仲間、上司がしっかり助け合いサポートしてくれたからです。辞めた理由に関しては今となっては後悔していますが、正社員にそろそろなろうかなと思ったときに行った就職セミナーで、また海外への就業が決まったため辞めてしまいました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:はい、すすめます。接客のスキルアップをしたいのであればとてもいい環境だと思います。こまかいところに気付けるスキルが身につきます。ただ、上司が変わってしまったので、人間関係的に勧められるかと言ったら微妙なところです。上司的な部分をすすめるのなら自分の上司が異動した店舗をすすめるかもしれません。