九州☆kyushuの仏なアルバイト

日本!ニッポン!仏と和のサッカーでフランスワールドカップを思い出す筆者の徒然日記

明光義塾 城野教室でバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A1:明光義塾 城野教室

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2014~2015年

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:950円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:つけにくかったです。主に小中学生が多いので下校時間から21:00までの間で、学校が長期休みの時は必ずシフトに入るというのが暗黙のルールみたいな雰囲気があったので、夏休み冬休みは1日中バイトに勤しんでいました。また、生徒によっては強化の担当に指名してくる子もいるので受験近くなどは簡単には休めませんでした。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:小中高生の学習指導をする講師。テキストに乗っ取って生徒三人につき講師一人で問題の解説等を行っていました。生徒の自立学習を支援するという目的もあるので宿題や中間・期末試験までの学習計画も一緒に立てて目標を決めて支援していました。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:忙しさは、夏休み冬休みなどの長期休みがピークです。長期休みには朝8:30~22:00頃まで何コマも授業を受け持つということが何日も続くこともありました。そして、長期休みは夏期講習があるので生徒も通常授業より増えるので講師も総動員に近い状態でなければまわらないので連勤が続くのが体力的にしんどいし体調を崩しても点滴打って来いと言われるくらい休めない状況がきつかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係はそこそこ良かったと思います。ですが、生徒の人気投票のようなものがあるのでそれで嫌な思いや残念な思いをする講師もいたことは確かです。何しろ小中高生相手なので真面目で勤勉で生徒想いの先生・・・といよりもノリの良い若干チャラついた、やる気がなくてもトークが上手いという先生が人気になることもあり、真面目にやってる人にとっては不公平感はあったと思います。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:社会人になって人を指導する上で役立った知識は沢山あります。例えば後輩が出来たときや部下に指導するときには塾講師の時の研修の際に習得した人をやる気にさせる声かけや、相手に何かを理解させるときにその人に合った道筋を立てて説明することなどです。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:親や親戚は塾講師のアルバイトのことを喜ばしく思っていたようです。やはり「先生」といわれる業務はある一定の層からの信頼は得られやすいのかなとも思いました。親戚の子供たちに勉強を教えてくれと頼まれることも多々あり、人の役に立てて得した気分でした。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:楽しかったです。子供たちは可愛いし、女の子は卒業の時や受験の後などの節目に感謝の手紙をくれることもあり、とてもやりがいがありました。それに中間テストや期末テストなど結果を出すタイミングがいくつもあるので生徒の目標点数がとれたときには達成感も味わえました。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:筆記テストと面接がありました。筆記テストは自身の得意な高校受験科目の中から三科目解いたような覚えがあります。志望動機としては、子供が好きなのと人に教えたりすることが好きなのと学生なので授業が終わった後の夕方から夜までの時間が空いていることをアピールしました。


Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:スーツスタイル指定です。特にカッチリしたものはないのですが、髪色があまりに明るすぎたりメイクが濃すぎる、清潔感がないというときは塾長から注意を受けます。生徒の親御さんも見ていますのであまり信用を欠くような恰好は出来ません。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:はっきり言って取りにくかったです。毎年冬は受験の追い込みがあるので生徒の人数や授業数は増加しますし、生徒はやはり自分のお気に入りの先生のような人を持っている子が多かったのでそうなると受験前に自分だけちょっとやそっとの都合じゃ休めないという感じでした。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:恋愛の機会は大いにあると思います。アルバイトの塾講師のほとんどは学生でした。それにある程度の学力と偏差値を持ち合わせていないと働けない職場でもあるのでそういう男性・女性を探しているという方にとってはとても魅力的な職場だと思います。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:頭は使いますが、身体を動かすことはないので耐力的には楽だったともいます。移動と言えばテキストを取りにいったりコピーをしたり、生徒三人が近くに座っているのでそれぞれの隣に座り変えるくらいです。暇問と感じたことはありません。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:夏期講習では特に朝から晩まで毎日のように働いていたので物凄く稼げました。そのような効率よく稼げる時期があったのは働いていて本当にやりがいがありました。また、社会人になったときに「教え上手だね」と言われることが多かったのはこのバイトのお陰かもしれません。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:まず、時給が割とよかったです。あとは、生徒がとにかく可愛かったから。自分を慕って「〇〇先生!」と来てくれる生徒たちの無邪気な笑顔と学習への頑張りを心から応援したいと思えたのが一番のバイトへの活力になりました。学生から社会人へと就職する際に辞めました。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:勧めます。基本的に出勤時間が学生が帰ってくる平日では夕方~夜と土曜日、そして長期休暇中になるんですが、平日は無理という人も夏休みや冬休み中のピンチヒッターとして採用してもらえることも可能性として高いと思います。無邪気な子供たちは可愛いですし心を洗われながらお金を稼げるのはとてもいいと思います。