九州☆kyushuの仏なアルバイト

日本!ニッポン!仏と和のサッカーでフランスワールドカップを思い出す筆者の徒然日記

【社割あり】コージーコーナーのバイトまとめ!口コミを元に解説

【2018年5月31日追記】新たに1件のバイトの口コミを追記しました。

美味しいシュークリームといえばコージーコーナーですね。
バイトしたら毎日食べれるのでしょうか?
気になる方も多いと思います。
そこで今回、コージーコーナーでバイトしていた私の体験談をQ&A形式で紹介していきます。

コージーコーナーでバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A1:銀座コージーコーナー高田馬場店

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2016年9月から2017年12月

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:950円

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:アルバイトの人数が多かったので、シフトの時間や休みの日の希望は出しやすく、自分の希望通りに働けました
急にシフトの時間を変えてもらいたいときも、交代してくれる人がすぐに見つかり、問題なく変えることができました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:ケーキや焼き菓子の販売が主な仕事です。
他にはケーキやお菓子の品だしや、発注、店内の清掃もおこないます。
箱に入った贈答用のお菓子も販売しているので、のしをつけることも多くありました。
マニュアルはしっかりとしているので、難なく働けると思います。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:時間帯によっては忙しいですが、その分スタッフの人数もしっかりと確保されていたので、そこまできついと思ったことはありません。
ただ、駅やバス乗り場が近いので、電車やバスの時間が迫っているお客さんから、早くしてほしいと言われることもありました。その時は少し焦ります。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:人間関係はとてもよく、皆和気あいあいと働けていました。同年代の人が多いからかもしれません。
仕事なので楽しいことだけではないですが、スタッフ同士でフォローし合って働けると思います。
挨拶も皆できているので、気持ちよく働けます。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:接客業なので、人に対しての言葉遣いや、作法を学ぶことができます
このバイトのおかげか、人前に立つのも前ほど緊張しなくなりました。
また、贈答用のお菓子も扱っているので、のしの種類や書き方なども学べ、とてもためになりました。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:ケーキの社割があり、正規の値段よりも安く購入することができます。
高田馬場店以外のコージーコーナーでも社割りがきくチケットをもらえるので、とても便利です。
また、新メニューなどをいち早く知ることができて嬉しかったです。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:もともと甘いものが好きだったこともあり、ケーキやお菓子にかこまれながら働けるというのは、とても楽しかったです。
また、ケーキは誕生日などのお祝いで買われることが多いので、お客さんも嬉しそうで、こちらも幸せな気持ちになれました。

出典:コージーコーナー

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:面接は直接お店に行き、売り場の裏にある事務所で行われました
店長1人との面接で、興味のあることや自分の長所や短所を聞かれました。
志望動機を聞かれた際は、接客業が好きなことや、以前からお菓子の販売に興味があったと答えました。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:制服があるので、出勤時の服装は自由です。
ただ、食品を扱う仕事なので、髪の毛や爪の規定はしっかりと定められています。
髪の毛が長い場合は一つにゴムで束ねたり、髪の色が明るすぎる場合は店長から注意を受けます

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:スタッフの人数が多いので、休みの希望は通りやすくて良かったです。
長期で休みをとりたいときも、前もって相談をすれば、問題なくとることができました。
なので、働くときはしっかり働く、休みたいときは希望通りに休むというように、メリハリをもって働けます。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:女性のスタッフが9割だったので、あまり恋愛の機会はないかもしれません。
ただ、男性スタッフも0ではありませんし、同年代のスタッフばかりなので、恋愛の機会が全くないともいえません。
お客さんと仲良くなり、付き合い出したスタッフもいました。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:時間によってはお客さんが途切れて暇になることもあります。
そんなときは窓ガラスやショーウインドウを拭いたり、商品の整理や発注をするので、お客さんがいなくてもボーっとすることはできません。
でも、力仕事はほとんどなかったので、そこは楽でした。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:いつも甘いものに囲まれて、お客さんもスタッフもいい雰囲気だったので、楽しく働けたことが良かったです。
また、贈り物のお菓子にのしをつけるので、のしのルールなどが学べたことも良かったです。今後のためになりました。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:スタッフの仲が良くて楽しかったので、バイトを頑張れました。
失敗をしてしまったこともありましたが、スタッフ同士でフォローし合えるいい関係だったと思います。
お客さんからありがとうと言われることも多く、嬉しかったです。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:私はお勧めします。
ケーキ屋さんなので、お客さんは、誕生日や、何かのお祝い用のケーキを購入する目的で来店することが多いです。
そのため、楽しい雰囲気のお店であり、スタッフも楽しく働けます。
お客さんから感謝されると、こちらも嬉しくなります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はコージーコーナーのバイトの口コミを紹介しました。
コージーコーナーに興味が湧きましたら、バイトEXマッハバイトなどでご応募してみてはいかがでしょうか?

 

銀座コージーコーナー西友練馬店でバイトしていた方の口コミ

【2018年5月31日追記】

Q1:お店名は何ですか?
A1:株式会社・銀座コージーコーナー西友練馬店。

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2003年8月~2004年8月。

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:900円。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:駅構内にある小さな店舗で人数が少ないため、あまり融通はききませんでした。 朝は入荷数のチェックや掃除など作業が多いのですが、出勤人数は2名なので当日欠勤はできません。 ただ、体調不良で病院で検査をするために、2~3日急な休みが必要だった際は、快くすぐに都合をつけてくださいました。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:主には、洋菓子の販売です。 朝は当日入荷されたケーキや、その他焼き菓子等の数量チェック、前日や前々日入荷の売れ残りケーキの仕分け、予約数の管理、在庫記録と現物の照らし合わせ、ショーケースへの陳列などをまず行います。 その後、店舗前の掃き掃除やショーケース、陳列棚の拭き掃除などの開店準備を行ってました。 開店後はケーキを箱に詰め、レジを打つと言う接客が主です。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:クリスマスやバレンタイン、ひな祭り、ホワイトデー、子供の日は非常に忙しかったです。 特にクリスマスは臨時のアルバイトさんを数名雇い、通常8時半出勤のところ12月24日、25日だけは6時には出勤したと記憶しています。 昼休憩以外は息をつく暇もなく、8時間の勤務時間があっという間でした。 年中、冷蔵庫に囲まれている環境だったのと、よく手を洗い消毒をするので、荒れて出血する事がありつらかったです。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:女性ばかりの職場だったのですが、個人的には人間関係は良好でした。 ただ、指導係の人に気に入られないと居づらい雰囲気はありました。 理解に時間のかかる新人さんは強く当たられ、新人さんが泣き出してしまう事や、すぐに退職してしまう事がありましたので、モラルはあまり守られていなかったのではないかと思います。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:自分自身、生まれて初めてのアルバイトだったのでお金をもらって働くという事がどういう事かを学びました。 お客様を呼び込むためのアナウンスや、食品を扱う事の責任、レジの操作やお金の管理、すべてが初めての経験だったので、その後の仕事の基盤になっていますし、スキルアップと言うよりも「働く」というスキルを初めて身に着ける事ができた職場でした。 勤務年数が長い人は店長推薦が必要かもしれませんが、正社員試験を受けられる制度があったように記憶しています。

Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:給与明細に必ず割引券が2枚ついていました。 5%か10%の割引だったと思いますが、制限がなく好きな時にどの商品を購入しても使える物だったので嬉しかったです。 また、クリスマスはホールケーキを非常に多く入荷し、25日の閉店時には売れ残りが出るので好きなだけ持って帰る事ができました。 通常の売れ残りは、伝票に記載し工場に返品するのですが、クリスマスのホールケーキに限り持ち帰れたので、すごく得だと思いました。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:とても楽しかったです。これまで経験した仕事の中で一番好きで楽しかった仕事内容でした。洋菓子の販売だけでなく、贈答品の包装や「のし」を書いたり、想像しているよりも仕事内容が多岐に渡っており、とても楽しかったです。

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:週に何回働けるのか、早番や遅番の希望はあるのか、通勤時間はどのくらいなのか、職務経験などを聞かれたと思います。
志望動機は、洋菓子が好きな点とアルバイトが初めてなので、販売の仕事で経験を積みたいと言う事を伝えたと思います。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:制服でした。ブラウス、ジャンパースカート、エプロン、三角巾が支給されますが、ストッキングと黒い靴を自分で用意しなければいけませんでした。 髪色については特に厳しい規定はありませんでしたが、肩につく長さの場合は一つにまとめなければいけません。
後は、もちろん香水等も不可です。通勤時の私服についての規定はありませんでした。

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:予め希望を出しておけば休みは取れました。シフト確定後に変更したい場合は、バイト同士で調整をしていましたが、調整ができない場合は店長に相談していました。比較的、柔軟に対応してくれていました。人数が少ない店舗だった割には、急な休み希望も相談しやすい環境でした。

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:女性しか居ない店舗だったので店舗内では一切ありませんでした。 店舗へケーキを配送してくる人は男性なので、店舗の社員さんとお付き合いをされていると言う話を聞きました。
スーパーのテナント店舗だったので、他のテナントの方やスーパーの従業委さんとは休憩室などで交流がありました。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:仕事は年間行事に左右されましたので、すごく暇な日もあれば休憩に中々行けないほど、忙しい日もありました。 お客様が少なく暇な日も普段はやらない冷蔵庫内の清掃や、ショーケースの徹底清掃等、探せば仕事はある職場でしたので、働いていた期間を通して考えると暇な職場と言う印象はありません。楽しい職場ではありましたが、常に冷蔵庫に囲まれている環境で冬は特に寒く、楽ではありませんでした。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:お金をもらって働くと言う意味を初めて実感できたことが自分にとって非常に良かったです。学生時代は仕送りだけの生活でしたので、大人として自覚を持つことができました。職場での人間関係を経験したのも初めてだったでの、立ち居振る舞いや上司への接し方等を学べてよかったです。

Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:頑張れた理由は、やはり初めて働くと言う楽しさを経験した事です。それが非常に大きなモチベーションになっていました。
嫌な事があったとしても、仕事の楽しさが上回っていたので頑張れました。辞めた理由は、本業の方で長期に渡ってスケジュールが拘束されてしまう仕事が入ったからです。

Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:女性ばかりの職場で色々と難しい点があるので、積極的にお勧めはしません。 ただ、食品を扱う事やお金の管理、贈答品の包装など、仕事内容は多岐に渡っていて非常に楽しいので、女性が多い職場に抵抗のない人へはお勧めしたいです。