九州☆kyushuの仏なアルバイト

日本!ニッポン!仏と和のサッカーでフランスワールドカップを思い出す筆者の徒然日記

麺爺あぶらでバイトしていた方の口コミ

Q1:お店名は何ですか?
A1:麺爺あぶら

Q2:働いていた時期はいつですか?
A2:2014/6〜2017/3

Q3:時給はいくらでしたか?
A3:研修時給の950円からスタートし、最後の1年は1180円でした。

Q4:シフトや時間の融通はつけやすかったですか?
A4:つけやすかったです。毎週シフトを変えられるので学校の課題やサークル、プライベートの予定や稼ぎたい金額に合わせて働くことができました。また、学校のお昼休みの1時間だけ、放課後の3時間だけ、などという働き方も出来たのでつけやすかったです。

Q5:どんな仕事内容でしたか?
A5:主に接客(ホール担当)でした。

  • お出迎え、お見送り、初めてのお客様へのご説明
  • 食券を預かり、席にご案内
  • オーダーを厨房に通す
  • トッピングやサブメニューの盛り付け
  • できあがったものを運ぶ
  • お客様が変えられた後の片付け
  • 洗い物

慣れてくると比較的暇な時間の調理や締め作業なども任せてもらえるようになりました。

Q6:忙しかったですか?きついことはありましたか?
A6:学生街なので授業日の昼間と夜(サークル後の学生が団体でくる)は基本的に忙しかったです。また、ホール担当も厨房担当も同時に入るのは多くて2人ずつなので、慣れるまではパニック状態になることも…。私はずいぶん慣れてから忙しい時間に入るようになったのでなんとか大丈夫でしたが、楽して稼ぎたい人には向いていないと思います。

Q7:人間関係は良かったですか?モラルは守られていましたか?
A7:個人的にはとてもよい人間関係だったと思います。どの職場にも、1人2人シフトに一緒に入りたくない方がいらっしゃると思いますが、この職場ではそれがありませんでした。一緒に働いていた方とは今でも連絡を取り合うくらい大好きです。

Q8:将来役に立ったことはありましたか?スキルアップは望めましたか?
A8:

  • 接客の楽しさを学べたこと
  • 確認を徹底するようになったこと
  • それなりに忙しい環境だったのでどこへ行ってもやっていける自信がついた
  • 良いお店を作るためにどんどん意見が欲しいという考えのオーナーだったので、単なる接客要員としてではなく、新メニュー作りやキャンペーンの考案など総合的なお店作りを考えられる環境だった


Q9:福利厚生など給与以外で得したなと感じたことはありましたか?
A9:賄いが無料で食べ放題(勤務日以外は半額で食べられる)なので、油そばやご飯を好きなだけ食べることができた。食事代や作る手間をだいぶ浮かせられたので、学生にはありがたかった(ただし、7kg太りました…)。

Q10:楽しんで働けましたか?
A10:非常に楽しかったです。忙しくて大変なこともありましたが、一緒に働く方々のことが大好きだったのと、アンケートで接客を褒めていただけるとすごく嬉しくてやりがいになりました。このお店でバイトをして本当に良かったです。

麺爺あぶらのラーメンの画像です↑
出典:ラーメンデータベース

Q11:面接の内容はどのような内容でしたか?また志望動機はどう答えましたか?
A11:詳細については覚えていませんが、堅苦しい面接というよりは学校生活のことやサークルのことなどをお話しするという感じでした。また、志望動機はお気に入りのお店で働きたいと思ったので、というようなことを答えた記憶があります。

Q12:服装や身なりの規定はどうでしたか?
A12:
服装

  • ジーパン
  • ユニフォーム(貸与されます)
  • 専用の靴(コックシューズ。購入します)

注意点
飲食店なので清潔感は求められます。

  • 髪が長い場合は縛る
  • 爪は目立たない色(うるさく言われるわけではありませんが、洗い物をするのでラインストーンなどがついていると取れてしまいます)

これさえ守っていれば髪色は自由ですしピアスなども問題ありません

Q13:休みは取りやすかったですか?
A13:週決めシフトなのもあり、取りやすかったです。試験前や卒論提出前は「どれくらい休みたい?」と聞いていただけるので学業優先にできます。また、サークルでの予定や長期間の帰省・旅行にも対応していただけました

Q14:出会いなど恋愛の機会はある職場でしたか?
A14:学生が多いのでもちろん恋愛の機会もあります!実際に付き合った方もちらほらといらっしゃったようです。ただ、同じ時間に学生が何人も入ることはそんなにありませんが、年に何度か懇親会があるのでそこで交流することができます。

Q15:仕事中は楽、暇でしたか?
A15:暇なときは本当に暇で、一緒のシフトの人と話して賄い食べて終わり、お給料もらっていいのかな…と感じる日もありました(笑)。反面、忙しい日は本当に忙しいのと、少ない人数で回すので色々な仕事ができるようになる必要があります。楽して稼ぎたい方には向いていないと思います。

Q16:働いてよかったことは何ですか?
A16:

  • 賄いがたくさん食べられること
  • 働くのが楽しいと感じられたこと
  • 物事は焦ってもうまくいかないと学べたこと
  • 学生だけでなく年上のお兄さんお姉さんなど、大学にいるだけでは関わらなかった方々と知り合えたこと
  • その方々とバイトを辞めた後も交流が続いていること


Q17:バイトを頑張れた理由は何でしたか?逆に、辞めた理由は?
A17:頑張れた理由

  • 人間関係が良く、バイトに行くのが楽しみだった
  • 忙しい時間を乗り切ると達成感が味わえた
  • できることがどんどん増えていくのを実感できた
  • 後輩たちの早い成長に負けたくない!と思えた

辞めた理由

  • 大学を卒業して就職するため


Q18:自分が働いていたバイト先を勧めますか?理由は何ですか?
A18:

  • アルバイトで充実感、達成感を味わいたい方
  • ガッツリ稼ぎたい方
  • 油そばをたくさん食べたい方

にはぴったりなので勧めます!
逆にできるだけ楽して稼ぎたい!という方には、忙しいときはかなり忙しい職場なのでオススメしません。